EDでもあきらめないで妊娠させられることがわかる

健康問題によるEDは食生活や喫煙などによる血行不良が原因になることが多いです。そして普段から体調不良があるときは体調不良のEDであるケースが高く、その時生活習慣や食生活を改善して衰えた男性ホルモン分泌力を回復させる努力が必要になり、そのとき栄養補助で成分が濃い精力サプリを続けるのは意義あることです。

心因性ED
sasint / Pixabay

心因的EDかもしれない人でも規則正しい生活や精力サプリを活用し男性機能改善を進めるのはプラスでもマイナスにはなりませんから、推奨します。そして、心因的EDはED治療薬が必須ですが、服用しても勝手に勃起することはないです。

ですがED治療薬を飲むと性的刺激を感じれた極めて高い確率で勃起持続するようになり、一度勃起できると回数を重ねセックスに慣れていくこと。性的刺激を感じる条件はセックスの場所をかえたりフェロモン香水でにおいを与えてみたりです。

こうして回復法は複数ありますが、自分がどのEDに該当するかわからない時はすべての対処法を試して根気良く続けてみましょう。

一番費用対効果が高いのは泌尿器科かにかかることで診療してみればある程度治療の方向性が固まって治療法を信じて続けること。一つの方法を続けるだけでよく最終的に費用が安くなります。最初に診療を受けて健康的問題のEDなら医師に男性ホルモン薬など決められた量投与しながら栄養面で精力サプリを加えるなど。

ED克服のために効果がある運動!

EDへの筋トレ
PourquoiPas / Pixabay

旦那のED克服に効果がある運動にはスクワットがあって、これは下半身の筋肉を鍛えることになって中折れなどED症状改善に役立てます。そしてこれが効果がある理由は骨盤底筋群という箇所を鍛えることができるからです。

これはペニスの中にある海綿体の血流逆流を防ぐことができて、勃起時必要な血液をしっかり海綿体にためることが可能です。1日中デスクワークしてる男性は骨盤底筋群がゆるんでED症状が起きやすくなります。また、スクワットは少しきつい運動となりはじめ数回から始めて下さい。風呂上りなど体が温まってるときしてみれば血行促進効果が倍増します。

夫婦とも30代後半で不妊状態ならなりふり構わず病院に行ったはずですが、我が家は旦那のEDにきがついたのは30代のころで、若いのにまさかと思いましたが、旦那はED治療を完全拒否しました。ですが、原因と克服法を調べるうち実際サプリもかなり有効と分かりました。

EDでも妊娠する方法があって、夫がEDで子づくりが不可能とあきらめないでどの方法が適してるか夫婦で話し合いましょう。EDでも妊娠できる方法は3つあって、金銭的問題や体のリミットなど、それぞれメリットやデメリットがあります。

そしてEDはまったく勃起できないタイプや不十分なタイプまでいろいろあって満足な性交ができない状態で、基本精子に問題なければEDでも妊娠は可能です。夫がEDで膣内射精できない時は人工授精があって、EDの症状は人それぞれで自慰で勃起ができれば可能です。

人工授精は不妊外来の病院がよくて、これは妊娠に適した生死を選び子宮へ送って精子、卵子を出あいやすくして妊娠の可能性を高くしますが、1回で成功する方もいれば10回しても成功しない人もいます。

そして人工授精は保険適用外で1回の費用5000~2万程度と高いです。不妊に悩む女性は医師に相談して見ればタイミング法をすすめられて、排卵日に合わせたセックスで妊娠へ成功率を高くする方法をすすめらるでしょう。

ED治療はバイアグラなどED治療薬が有効になり、最近では個人で海外から輸入代行できるED治療薬もあるようです。

参考:ED(勃起不全)治療薬の総合情報サイト – EDのお薬

この治療は泌尿器かに行ってみればいいといわれますが、場合によって不妊外来でも男性の不妊治療ができます。ですが、男性はED治療に否定的な方がおおくて、極度に病院を嫌ったりすることもあります。妊娠希望でも夫がEDで病院に行きたがらないという旦那を持つ方もいることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です